日本人は変化を嫌うと言いますが・・・

  • RSS

デジタル化が進む現代、印鑑だけはあまり進化していないなと感じてしまうのは私だけでしょうか?
印鑑自体の品質や種類などそう言った面では昔より進化しているのだとは思いますが、朱肉を付けて捺印するという作業は何百年も前から変わっていないでしょう。
そう思って調べてみると、電子印鑑なるものが存在したのですが、まだまだ世の中に浸透するには時間がかかりそうです。
電子印鑑は、パソコンで作った書類にパソコンの中で捺印出来るというものなのですが、失礼な話、使っている人はいるのか?と思ってしまいます。

パソコン上で捺印し、そのままメールで送信すれば良いので、紙の節約にもなりますし、切手代もかからないのは素晴らしいなとは思うのですが、それで良しとされるのだろうか?と思ってしまうのです。
もしも仕事上の書類を電子印鑑を使ってメールで送信した場合、相手側が電子印鑑の存在を知らなければ、最悪、非常識だと思われてしまうのではないかと思います。
事前に、電子印鑑とはこういうものです。と説明すれば別ですが、そこまでするのならプリントアウトして郵送した方が楽なのではないかと思ってしまいます。

日本人は変化を嫌うと言いますが、電子印鑑もまさにそんな感じがします。
しかし、どんな物でも浸透するまでは時間がかかると思うので、少しずつ広まって、何十年後には電子印鑑が普通になっているかもしれません。
電子印鑑が当たり前になって行けば、紙を販売している方は大打撃でしょうし、そう考えると何とも複雑ですが・・。今後、電子印鑑はどうなって行くのでしょうか?浸透するのか、それとも何十年先も今まで通りの印鑑を使っているのか。
とても気になります。



~ 便利サイト情報 ~

<低コストを実現した>チラシ印刷

安さの秘密はチラシのためのデザインセンターと流通工程を効率化!
比べてわかる安さは20,000部以上の大ロットになるとさらに実感できます。

ネットで印刷をお考えなら激安日本一のチラシ印刷総合サイト 印刷通販!

このページの先頭へ