印鑑制度はなくならないでほしい

  • RSS

先日、友達と海外には印鑑はないのだろうか?と言う話になり、いろいろと調べてみました。
私は、印鑑と言ったら中国というイメージがあったので印鑑は中国人が作った物だとずっと思っていました。
確かに日本へ最初に印鑑を送ったのは中国と書かれていましたが、起源はメソポタミア地方と言われているそうです。
漢字が中国から伝わった事、そして中国の古い墨絵などの美術品を見ると、必ず名前の下に判が押されているのを見て印鑑も中国で作られたのだろうと勘違いしていました。

日本では普段から印鑑を使うことが当たり前なので、深く考えずに使っていますが、馴染のない海外の人が印鑑を見たら不思議な存在なのだと思います。
日本に住む外国人はサインのみで家を購入したり、銀行の口座を作ったりできるようなのですが、印鑑は可愛いと言う感覚で自分の名前をカタカナにして作ったり、当て字の漢字で印鑑を作る人もいるようです。
おそらく、長く日本に住む予定の人は印鑑があった方が何かと便利だと思うので作る方が多いのではないでしょうか?
機会があれば、実際に日本に住む外国人に印鑑を持っているか聞いてみたいと思います。

私からすると、サイン制度の方がよっぽど不思議な感じがします。
筆跡を印鑑登録のように登録して、本人のサインだと証明できるようにしているのでしょうか?
そういうことも今後調べてみたいと思います。
日本の印鑑制度、今後は海外のようになくなって行く可能性もあるのでしょうか?
個人的には、印鑑を使うという事で、責任を感じたり、気が引き締まったりする効果があると思うので、これからも印鑑制度であって欲しいと思います。



~ 注目のWEBサイト情報 ~

<住まいを彩る>スタイリッシュな表札

表札館は暮らしをデザインする表札の専門店です。

耐久性に優れたクールなステンレス、和の空間を演出する和グラスサイン、
ポップなウィルカラーを周囲にあしらったウィルサイン、
ステンレスと木目の立体的な組み合わせウッディーなど
豊富な種類からきっとあなたの住まいの雰囲気に合わせた表札が見つかります!

このページの先頭へ